立命館大学学友会

私たちは立命館大学の生徒会です

学友会中央パート紹介

学生の手でより良い大学生活を創る。

学友会として学生の意見をまとめたり、学園祭などの全学運動を行ったりするとき、その取り組みは学生の総意が反映されていなければなりません。
そこで、学部自治会・自治委員会や課外本部といった学部やサークルに所属する学生の代表や、事業系団体がそれぞれ抱える学生の意見や現状を認識した上で意思決定をする場として、中央委員会が設置されています。

立命館大学学友会はすべての学生の声にもとづき、「学友会中央パート」が中心となり、学生の思いを大学に届けるとともに、学生同士が学び合い成長していきます。

目標実現のため、大学との交渉、学園祭、メディアによる発信、応援、クラス自治サークル支援など日々幅広い活動を行っています。


中央パート、4つのセクション。

中央パートは以下の4つのセクションに分類されます。

基幹組織

学友会として一つの意見をまとめるとき、ひとつの企画(学園祭など)を創り上げるとき、各中央パートは学友会の最高意思決定機関である「中央委員会」において議論を交わし、立命館大学生の相違を決定します。こうしたプロセスがあるからこそ、私たちの活動は学生に立脚したものと言えます。

その中央委員会を運営・統括し、そこでの決定事項を現実のものへとするための総合政策を行うのが、中央常任委員会です。基本的なメンバーは、情勢や学生実態から政策提言を行う「学園振興委員長」、政策化された決定事項を実質化していく「中央事務局長」、学生・団体を抱える立場から学生の声を政策に反映させ、その活動を展開していく「全学自治会委員長」、そして全ての学友会活動を俯瞰し、まとめ上げ一つの方向性を見出す「常任委員長」で構成されています。

中央常任委員会

全ての学友会活動を俯瞰し、まとめ上げ一つの方向性を見出す

学園振興委員会

大学情勢や学生実態から、大学側、中央委員会に政策提言を行う

中央事務局

政策化された決定事項を実質化、具現化する

全学自治会

学生・団体を抱える立場から学生の声を政策に反映させ、その活動を展開する

課外系パート

立命館大学には、文化芸術の発信や学術研究、競技やスポーツへの参加および振興を目的として活動する「課外自主活動団体」が数多く存在します。各団体はその活動の性質によって、学芸・学術・体育会といった3つの領域に分けられ、それぞれの活動を発展させるべく日々活動を続けています。これら3つの領域に属する団体の活動を実務面で支援し、それぞれの活動をより発展させるために団体の状況を把握して施設、制度などについて大学と議論するのが学芸・学術・体育会に存在する本部と呼ばれる組織です。

また、これら3つの領域のどれにも属さない団体として登録団体・中央任意団体が存在し、このような団体を支援するため、中央事務局サークル支援課が存在します。


事業系パート

「事業団体」と一言で言っても、それぞれのパートの性質は実に様々です。各団体がそれまで培ってきた技術や資源、経験を存分に活かして、立命館大学全体を盛り上げる役割を担っています。

ほかのサークルや課外団体にはない特徴的な技術や他を圧倒させるパフォーマンス、高いクオリティはもちろんですが、彼らが中央パートして位置づけられているのはその「立命館大学全体を巻き込む力」があるからです。彼らの中には自らが持つ力を最大限に発揮して学生の心を動かそうとする野心と向上心があります。ただのサークルでも、ただの技術屋でもない、「事業」を通して学生に対してアプローチをかけていくのが事業系パートです。

学友会 Pick up!

More